2020年オリンピックに向けて禁煙推進が過熱する

全世界的に禁煙ブームが拡大していっています。
日本もタバコの消費税が値上げされたことから、禁煙する人が増えてきています。
それまでは、タバコを吸っていた人もやめるように努力をするようになってきたのです。
この背景には値上げだけでなく、政府自体が禁煙を推奨するアクションを取り続けてきたからです。
その結果として、飲食店や公共の場所でも分煙や全面禁煙をするところが増えてきています。
日本政府は、2020年オリンピックに向けてさらに禁煙を拡大させる予定です。
屋内の施設では全面禁煙になる法案が提出されます。
2020年に向けてタバコを吸う人を減らす活動が続いているのです。
芸能人やアスリート選手を使ってポスターを作成したり、広告をつかって宣伝を行っています。
外国ではタバコに関する印象があまりよくはありません。
そのため、海外からの訪問者に対してタバコの煙がない日本をアピールする狙いがあります。
タバコの煙が充満してるだけで、印象が悪くなるからです。喫煙所も撤廃され、全面的に禁煙になる日も近いでしょう。
タバコはニコチンやタールなどの有害な物質がたくさんふくまれています。
これは、吸っている本人だけでなく周りの人にも影響を与えるものです。
こういった理由から、海外ではタバコに関する印象が良くないのです。
禁煙に関するグッズだけでなく、セミナーも開催されています。
どうしてもやめることが出来ない人は、セミナーに通ってみるのも良いです。
なかなかタバコをやめることが出来ない人は、病院にいって処方箋をもらうのもひとつの手段です。
医療的にタバコをやめることができるものも開発されています。
2020年までにタバコをやめて、東京オリンピックを全力で楽しめる状態をつくっておきましょう。