禁煙後の激太りからやせる方法・治療の内容

禁煙すると急に太ってしまうことがあります。
タバコのニコチンには食欲を抑える効果があります。また、ニコチンは体にとって有害物質なので、これを排出させるためにエネルギーが使われてやせる効果もあります。
しかし、これはやせるというよりも、体に悪い状態が続いてやつれてしまっている状態です。
しかし、禁煙して太って、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まっては本末転倒なので、禁煙しても体型を維持できるようにすることが必要です。
タバコをやめると太りやすくなるのは、口寂しくなったり、味覚が回復して食べ物が美味しく感じられるからです。
タバコを吸っている人が口寂しいと感じやすいのは、そもそも口唇欲求が強いからです。つまり、口に何か含んでいると安心するのです。タバコをやめるとそれが飴やガムに変わってしまい、その糖分で太ってしまうことがあります。これに対しては、できるだけ低カロリーなガムを長時間噛むようにしたり、口寂しさを忘れられるような趣味を持つことが大切です。
味覚が回復して太ってしまった場合には、量よりも質を重んじる食生活を心がけるようにしましょう。同じ値段の肉ならば、上質なものを少し買う、というようにすると良いです。
体が安定してくれば、ニコチンがなくなって血流が良くなり、やせる体質になることもあります。
次は禁煙治療の内容です。
まず、禁煙外来を受診することから始まります。治療の内容は、問診票でニコチン依存症かどうか判断して、呼気中の一酸化炭素濃度を測定して、毎日どれくらい吸っているのかを確かめます。
人によって治療内容は差がありますが、飲み薬や貼り薬を使い、禁煙開始日を決めます。ここで禁煙宣言書にサインします。
診察5回を1クールとして、医師の指導を受けながら治療を進めていきます。