禁煙と活動と耳鳴りについて

禁煙をするようになると、耳鳴りなどの禁断症状が出ることがあります。口が渇いたり頭痛がしたり、耳鳴りがしたりという症状が出ますが、一時的なものです。耳鳴りなど不安になるとは思いますが、自然に治まりますから、活動を制限することはありません。禁煙することや体調の不調を理由に引きこもるのではなく、アクティブに活動をして、ほかのことに意識を持っていくほうが、無駄なことを考えなくて住みます。アクティブな活動とは、なんでもいいのです。スポーツをしたり、友人とカラオケで思い切り歌ったり、趣味に打ち込んでみるなど、何かに集中すると人は、無駄なことはあまり気にならなくなります。

禁煙をするようになって慣れてくると、様々なメリットを感じるようになります。だいたい3日もすれば、喉に感じていたイガイガ下感じが消えていきます。朝の目覚めが良くなってきたり、食事やお酒も今までよりも美味しく感じられるようになります。女性の場合でしたら、ニキビや肌荒れがなくなるので、肌の悩みも今までより少なくなるでしょう。それに、メイクのノリも良くなることに気がつきます。

タバコをやめるのは簡単なことではありませんが、完全に禁煙に成功すれば健康という大きなギフトを手に入れることになります。大切な家族と一緒にいられる時間も長くなりますし、元気に仕事をして趣味を楽しみ、イキイキと下生活を送ることができます。タバコを吸っている間は、毎年の健康診断でもタバコが関連した病気なども気にしますが、そんな不要な心配をする必要だってなくなります。それに、今までタバコを買うために使っていたお金も、もう使わなくて済みます。その分の金は、ほかのことに自由に使えることになります。