タバコが深い関わりを持つ病気の数々

タバコには精神を安定させる作用やストレスを軽減させる作用などのメリットがあることがよく知られています。
それにもかかわらず禁煙が促される時代となったことには理由があり、健康被害の面が大きいことがわかってきたからです。
タバコには様々な物質が含まれており、ニコチンやベンゾピレン、ホルムアルデヒド、一酸化炭素などがその代表的なものとなっています。
こういった様々な物質を喫煙によって取り込んでいくことにより、数々の病気にかかってしまうリスクが高まることが知られるようになったのです。
その最も顕著なものががんであり、肺がんを筆頭として胃がんや大腸がんなどのリスクも高まることが知られています。
ベンゾピレンやホルムアルデヒドは強い発がん作用がある物質であり、こういった物質に繰り返し被爆してしまうことで将来的にがんにかかってしまうリスクを高めてしまっているのです。
一方、生活習慣病と呼ばれる高血圧、脂質異常症、糖尿病なども喫煙をすることによって罹患するリスクが高まるとされています。
また、それに伴う合併症としてよく知られる動脈硬化にも喫煙がリスクファクターとしてあげられています。
また、肺に直接有害物質が影響することになるため、肺炎やCOPD、喘息などのリスクを高めたり、増悪させたりすることになります。
また、骨への影響も知られており、骨芽細胞の形成が抑制されたり、カルシウムの吸収が悪くなってしまうことで骨粗しょう症のリスクも高まるとされています。
こういった関係から禁煙を促すことが様々な病気のリスクを下げることにつながっていくことが明らかであり、禁煙運動が活発に行われるようになってきているのが現代社会です。
チャンピックスでニコチン依存から抜け出そう